pills on the table
  • 原因はどんなもの

    guidance of doctors

    感染症となる原因菌としては、クラミジアのなかで、クラミジアニューモニエとクラミジアトラコマチスが咽頭に感染症を起こします。クラミジアニューモニエによる咽頭炎は咳や痰などで飛び散る飛沫感染で発症する場合が多いです。

    Read more
  • 感染経路が多いもの

    imported drugs

    性器クラミジアは、日本でも多くの人がり患している性病です。性交渉のほか、粘膜同士の接触などによっても感染します。そのため、オーラルセックスなどにより、ノドに発症する場合もあります。気を付けておきましょう。

    Read more

知識があればすぐに治療

Common drugs

男性の性病の一つであるクラミジアは治療で治すことができます。適切に治療薬を処方することで比較的すぐに改善されるので、正しい方法で治療を進めていきましょう。

クラミジアに感染した場合は抗生物質による内服薬での治療が一般的です。内服薬の種類はいくつかありますが、すべて病院での処方が必要な薬でドラッグストアなどでは市販されていません。薬の処方に関してはだいたい2千円前後です。このほかに診察代や検査代が3千円ほどかかりますが、クラミジアの治療に関しては保険が適応されるので病院によって大きな差が出ることはありません。ただ、治療に関しては完治したかどうかを調べるために何回か通院することが必要な場合もあります。また、検査に関しては血液や尿を採取して行う方法や、女性の場合は膣内の粘膜を採取する方法がありますが、検査機関が近くにない地方病院の場合は検査結果が出るまでに時間がかかることもあります。

クラミジアは治療薬をきちんと服用すれば1週間から3週間ほどで完治する感染症です。とはいえ、完治後に性行為をした相手が感染者だった場合は再び感染するリスクがあるので、コンドームを使用するなど十分に気を付けることが大切です。現に複数のパートナーがいる人や風俗店をよく利用する人の中には何度か感染した経験を持つ人もいるのです。何度も性病検査や治療のために病院に行くのが恥ずかしい場合は、郵送検査という方法もありますし、万が一陽性だった場合はクラミジアの治療薬を個人輸入代行の通販サイトで購入するという方法もあります。通販の場合は日本では手に入らないジェネリックも購入できるので、費用の負担も少なくて済みます。

若い人に多いもの

medicine and health

このクラミジア感染症は、日本でもっとも多い性感染症であると言われています。特に10代から20代が多く、18歳から19歳の年齢では、10人に3人が感染していると言われています。

Read more