感染経路が多いもの

imported drugs

性器クラミジアは、日本でも多くの人がり患している性病です。性交渉のほか、粘膜同士の接触などによっても感染します。そのため、オーラルセックスなどにより、ノドに発症する場合もあります。クラミジアにり患した場合の症状としては、かゆみや痛みが挙げられます。女性の場合は、おりものが増えたり、性交痛を感じることもあります。その一方で、自覚症状がないまま、り患していることに気が付かないこともあるため注意が必要です。今後もこういった状況は続くと思われるので、クラミジアり患が疑われる場合は、速やかに感染しているかどうかを確認した方が良いでしょう。クラミジアに感染しているかどうかは、医療機関を受診することで簡単に検査することができます。

以前は性病にかかっているかどうかを確かめるには、医療機関を受診するしかありませんでした。現在でも、女性ならば婦人科、男性ならば泌尿器科で確かめることができます。また、性病科でも対応しています。治療薬についても同様です。けれども、現在ではインターネット等のデジタル回線の発達により、ネット通販で検査キットを手に入れる方法も登場しています。こういった通販を利用すると、自宅に居ながらにしてクラミジア感染の如何を確かめることができるため、秘匿性に優れています。また、治療薬についても医療機関で処方してもらうほか、個人輸入で手に入れることが可能になりました。あくまで個人の責任において薬を使用することになるため、一定のリスクは伴いますが、周りの人に知られずに治療薬を手に入れる手段として人気を集めています。